マリンネット船舶サイバーセキュリティ ウェビナー開催
 印刷 2020年10月20日デイリー版2面

環境省、浮体式洋上風発の普及支援。エネルギー地産地消へ

 環境省は、浮体式洋上風力発電の普及を支援する。政府は再生可能エネルギーの主力電源化を目指しており、国土面積がそれほど広くない日本にとって洋上風力の産業化は大きな鍵を握る。同省では、風水害にも強いといわれる「浮体式」の早期普及を図り、地方でのエネルギーの地産地消を促進させる。洋上風力発電は、風車の支柱が海底まで到達している「着床式」が主流だが、水深が深い海域でも設置可能な、海面に浮く「浮体式… 続きはログインしてください。

残り:463文字/全文:660文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む