船員支援キャンペーン
 印刷 2020年10月20日デイリー版1面

MariTech 海事未来図】サムスン重工、遠隔・自律運航 実用化へ。実証実験に成功

 韓国造船大手のサムスン重工業は19日、実船を使用した遠隔操船と自律運航に成功したと発表した。実証は同社巨済造船所沖の海上で行われ、大田船舶海洋研究センターに設置したリモート管制センターからタグボート「SAMSUNG T―8」(300総トン)をコントロールした。同技術は2022年の商用化を目指している。実験に使われたタグボートには、サムスン重工が初めて独自技術で開発したリモート自律航行システ… 続きはログインしてください。

残り:526文字/全文:721文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む