船員支援キャンペーン
 印刷 2020年10月19日デイリー版2面

内航元請け、5カ月ぶり1桁減に。8月貨物船・油送船、減少幅縮小

 日本内航海運組合総連合会がまとめた輸送実績調査(主要元請けオペレーター〈運航船社〉60社対象)によると、8月の貨物船輸送量は前年同月比6%減、油送船が5%減だった。新型コロナウイルス感染症の影響が続くが、経済活動が徐々に戻り、大型船を中心にマイナス幅が縮小。5カ月ぶりに1桁減まで回復した。ただ、鉄鋼輸送は需要が低迷し、2割近いマイナスに。輸送回復には時間がかかるとの見方が出ている。「鉄鋼需… 続きはログインしてください。

残り:426文字/全文:621文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む