船員支援キャンペーン
 印刷 2020年10月19日デイリー版2面

商船三井、O&Mまで一気通貫、海洋技術部を新設。川越専務「技術面など目利きを」

 商船三井は海洋事業の強化を図るため、1日付で「海洋技術部」を新設した。プロジェクトの仕込みからO&M(運用および保守点検)までを一気通貫で対応する。統括する川越美一専務執行役員=写真=は「新規分野に取り組む際には外部のエンジニアリング会社などにアウトソーシングすることが多い。そうした際のテクニカル面、法律面、お金(費用)の妥当性などについての目利きを期待したい」と語る。海洋事業はテクノロジ… 続きはログインしてください。

残り:1050文字/全文:1243文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む