船員支援キャンペーン
 印刷 2020年10月16日デイリー版3面

アリババ集団、米アトラスエアと提携。アジア―南米間、貨物チャーター

 中国EC(電子商取引)最大手アリババ集団の物流企業、菜鳥網絡科技(ツァイニャオ・スマート・ロジスティクス・ネットワーク)は米アトラスエアと提携し、11月からアジア―南米間で航空貨物のチャーター輸送を開始する。アトラスエアーワールドワイド・ホールディングスが12日発表した。菜鳥は2013年に設立。SFエクスプレス、圓通速逓(YTOエクスプレス)などの中国宅配大手と物流プラットフォーム(PF)… 続きはログインしてください。

残り:598文字/全文:787文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む