マリンネット×日本海事新聞ウェビナー 深堀り対談 「苦境に立つ日本造船業界の今を読む」
 印刷 2020年10月16日デイリー版3面

大阪フェリー協会、阿部会長「解散は発展的」

 大阪フェリー協会が15日開いた会見での、阿部会長の主な発言は次の通り。――解散の経緯は。「ここ4、5年考えてきたが、参加船社は3社とピーク期に比べ減り、南港フェリーターミナル寄港は実質2社となった。現時点で大阪港湾局や阪神国際港湾会社との対応も各社単位でできており、船社に対する協会の貢献も薄れた」 「神戸港を含めた阪神港という扱いになりつつある中、大阪港だけで協会を運営するスケー… 続きはログインしてください。

残り:427文字/全文:619文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む