船員支援キャンペーン
 印刷 2020年10月16日デイリー版3面

三河港振興会、将来像を県に提言。22年度港湾計画改定見据え

 【中部】三河港振興会(会長=佐原光一・愛知県豊橋市長)が13日、官民一体となって取りまとめた提言書を港湾管理者である大村秀章・愛知県知事に提出した。三河港が目指すべき将来像や実現に向けた取り組みなどを盛り込み、県が2022年度の改定を目指す港湾計画への反映を申し入れた。提言書では三河港の目指す方向性として「防災・環境港湾」「産業港湾」「国際物流港湾」「観光・交流港湾」の4つを掲げた上で、各… 続きはログインしてください。

残り:544文字/全文:739文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む