マリンネット×日本海事新聞ウェビナー 深堀り対談 「苦境に立つ日本造船業界の今を読む」
 印刷 2020年10月16日デイリー版2面

国交省、国際制度策定に着手。ゼロエミ船 導入促進へ

 国土交通省は、温室効果ガス(GHG)を排出しない「ゼロエミッション船」の導入を促進する国際制度の策定に着手する。水素やアンモニアといった燃料船の開発を進めるためのMBM(経済的手法)の仕組みを検討している。IMO(国際海事機関)が定めたGHG戦略にMBMを盛り込み、2027年の発効を目指す。IMOは18年にGHG削減戦略を策定し、5年後の23年には戦略を見直すとしている。削減目標を見直すの… 続きはログインしてください。

残り:502文字/全文:693文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む