マリンネット×日本海事新聞ウェビナー 深堀り対談 「苦境に立つ日本造船業界の今を読む」
 印刷 2020年10月16日デイリー版2面

デルフィン・サムスン重工など、新FLNG 設計完了

 米メキシコ湾のデルフィンLNG(液化天然ガス)プロジェクトを主導するデルフィン・ミッドストリームは11日、韓国造船大手のサムスン重工業や米エンジニアリング企業のブラック&ベアッチと共同で開発を進めていたFLNG(浮体式LNG生産・貯蔵設備)の基本設計(FEED)が完了したと発表した。同船の年間生産能力は350万トンで、デルフィンLNG向けに最大4隻を建造する。デルフィンが進めているLNGプ… 続きはログインしてください。

残り:373文字/全文:564文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む