MariTech Webinar Japan 2020 <日英同時配信>
 印刷 2020年10月16日デイリー版6面

宮本常一写真展、山形県の離島・飛島 60年前の様子伝える。28日から酒田市で

 「海の日」の意義を広く市民、県民に啓発するため、山形県酒田港を中心に活動している「『海の日』記念事業実行委員会」(事務局=酒田市港湾振興室)は、今月末から写真展「風待ちの港『飛島』1963 宮本常一写真展~写真で知る飛島のいにしえと未来への継承」を酒田市内で開催する。民俗学者・宮本常一が1963年に撮影した山形県唯一の離島、飛島の写真を展示する。約60年前の暮らし、風景、文化を知ることがで… 続きはログインしてください。

残り:187文字/全文:371文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む