マリンネット×日本海事新聞ウェビナー 深堀り対談 「苦境に立つ日本造船業界の今を読む」
 印刷 2020年10月16日デイリー版5面

国交省調査、19年日本のクルーズ動向、クルーズ人口36万人へ。訪日クルーズ客は3年連続200万人突破

 国土交通省はこのほど、「2019年のわが国クルーズなどの動向(調査結果)」をまとめた。それによれば、19年の日本人のクルーズ人口は35万7000人と3年連続で30万人を超え、過去最多を更新した。訪日クルーズ旅客数は215万3000人となり、3年連続で200万人を突破した。日本の港湾へのクルーズ船の寄港回数は2866回だった。調査結果を図表などで紹介する。国交省は日本のクルーズなどの動向を把… 続きはログインしてください。

残り:677文字/全文:872文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む