マリンネット×日本海事新聞ウェビナー 深堀り対談 「苦境に立つ日本造船業界の今を読む」
 印刷 2020年10月15日デイリー版3面

関東地整、横浜港でCONPAS試験運用。年度内本格運用へ最終段階

 国土交通省の関東地方整備局は13日、開発中の「CONPAS」(新・港湾情報システム)について、事前予約制度の実現に向けた試験運用を14日から23日にかけ横浜港で実施すると発表した。南本牧埠頭コンテナターミナル、本牧BCターミナル(BC―2)の2カ所で、年度内の本格運用開始に先駆け、搬出入コンテナを対象とした事前予約制度の運用を行う。試験運用は、日曜日の18日を除いた計9日間実施する。参加店… 続きはログインしてください。

残り:479文字/全文:672文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む