マリンネット×日本海事新聞ウェビナー 深堀り対談 「苦境に立つ日本造船業界の今を読む」
 印刷 2020年10月15日デイリー版3面

米マトソン、7-9月期、営業利益が倍増。北米航路の好調追い風に

 米国船社マトソンは2020年7―9月期の業績(速報値)で、営業利益が9600万―9900万ドル(100億―104億円)になりそうだと発表した。前年同期の4390万ドルに比べてほぼ倍増。営業利益の大半はコンテナ船による海運事業による。中国と北米西岸を結ぶコンテナサービスCLXの輸送量が前年同期の3倍に膨らんだことが寄与した。北米航路の盛り上がりもあって主要コンテナ船社の7―9月期はかなりの好決算が… 続きはログインしてください。

残り:389文字/全文:585文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む