マリンネット×日本海事新聞ウェビナー 深堀り対談 「苦境に立つ日本造船業界の今を読む」
 印刷 2020年10月15日デイリー版2面

川崎重工、水素普及へ新団体。準備委に参加

 川崎重工業は14日、水素分野におけるグローバルな連携や水素サプライチェーンの形成を推進する新団体「水素バリューチェーン推進協議会」の準備委員会に参加すると発表した。準備委員会にはトヨタ自動車や岩谷産業、三井住友フィナンシャルグループなど民間企業8社が参画。12月初旬の団体設立を目指す。川崎重工は、水素社会の実現に向けて、「つくる(水素液化機)」「ためる(液化水素貯蔵タンク)」「はこぶ(液化… 続きはログインしてください。

残り:297文字/全文:489文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む