マリンネット×日本海事新聞ウェビナー 深堀り対談 「苦境に立つ日本造船業界の今を読む」
 印刷 2020年10月15日デイリー版2面

民間6級海技士 養成拡大。尾道海技学院、徳島・阿南に新設校

 内航船員養成などに取り組む民間海技系教育機関の尾道海技学院(広島県尾道市)は、11月に尾道海技大学校徳島阿南校(徳島県阿南市)を開校させる。同校は民間6級海技士養成機関として全国で3校目、航海士を養成する。阿南市の内航船主らが船員不足解消に向けて海技系学校誘致を進めてきた。民間船員教育機関出身者は近年、小型船を中心に採用が進み、内航船員の年間新規採用者の1割強となる100人超を占める。内航関係者… 続きはログインしてください。

残り:915文字/全文:1111文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む