マリンネット×日本海事新聞ウェビナー 深堀り対談 「苦境に立つ日本造船業界の今を読む」
 印刷 2020年10月15日デイリー版1面

日港協・久保会長、遠隔操作RTG「人員削減にならない」。組合に理解求める

 日本港運協会の久保昌三会長=写真=は14日東京都内で会見し、港運労使の懸案となっている一部港湾への遠隔操作RTG(タイヤ式トランスファークレーン)の導入について「(ヤード内荷役作業が24時間体制ではない)日本のコンテナターミナル(CT)は海外と事情が違うので、遠隔操作化が人減らしにつながることはない」と言及。導入しても現行の人員を確保したまま生産性向上と安全面に寄与できるとの考えを述べ、労働組合… 続きはログインしてください。

残り:577文字/全文:771文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む