マリンネット×日本海事新聞ウェビナー 深堀り対談 「苦境に立つ日本造船業界の今を読む」
 印刷 2020年10月15日デイリー版1面

商船三井内航、バイオ燃料2次輸送進出。専用船が竣工

 商船三井グループの内航不定期船社、商船三井内航はバイオマス燃料の国内二次輸送に進出する。広島ガスと中国電力が共同出資する海田バイオマスパワー(本社・広島県)と長期契約を結び、自動荷役装置セルフアンローダー搭載の新造内航専用船「海栄丸」を投入。外航船で輸入された木質バイオマス燃料を岩国港(山口県)の中継基地で積み替え、海田発電所(広島県海田町)向けに輸送する。商船三井内航は同船投入を契機に、今後需… 続きはログインしてください。

残り:422文字/全文:616文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む