MariTech Webinar Japan 2020 <日英同時配信>
 印刷 2020年10月14日デイリー版3面

名古屋港、新Gクレーン供用開始。飛島南CT、20列4基の整備完了

 【中部】名古屋四日市国際港湾会社(佐藤博之社長)は12日、名古屋港飛島埠頭南公共コンテナターミナル(CT)に設置した20列対応ガントリークレーンを9日に供用開始したと発表した。船舶大型化への対応で2017年から同CTで進めてきたガントリークレーンの増設、更新がこれで完了。6基中4基が20列対応という新たな荷役体制が整った。供用開始したのは今年8月に設置した新3号機。三井E&Sマシナリー製の… 続きはログインしてください。

残り:416文字/全文:609文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む