MariTech Webinar Japan 2020 <日英同時配信>
 印刷 2020年10月14日デイリー版1面

JERA、「大型アンモニア船必要」。2030年代前半、石炭火力で2割混焼

 国内最大の発電事業者JERAは13日、2050年に国内外の事業でCO2(二酸化炭素)排出ゼロを実現するためのロードマップ「JERAゼロエミッション2050」を発表した。石炭火力発電でアンモニアの混焼を進め、30年代前半に混焼率20%、40年代にアンモニア専焼プラントへの代替開始を目指す。同日オンライン会見した奥田久栄取締役常務執行役員は海上輸送について30年代前半以降、「一度に大量輸送できる大型… 続きはログインしてください。

残り:833文字/全文:1031文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む