マリンネット×日本海事新聞ウェビナー 深堀り対談 「苦境に立つ日本造船業界の今を読む」
 印刷 2020年10月14日デイリー版2面

国交省、東京汽船・丸三海運、内航船省エネ実証2件採択

 国土交通省海事局は12日、内航船の省エネ化推進を目指す取り組みである2020年度「内航船の運航効率化実証事業」の2次公募の結果を公表した。東京汽船(タグボート)と丸三海運(高速内航コンテナ船)からそれぞれ応募があった事業2件を採択した。同事業は国交省と経済産業省が連携し、内航海運の省エネ化を推進するのが目的。「革新的省エネルギー技術(ハード対策)」と「運航計画・配船計画の最適化など(ソフト… 続きはログインしてください。

残り:395文字/全文:585文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む