マリンネット×日本海事新聞ウェビナー 深堀り対談 「苦境に立つ日本造船業界の今を読む」
 印刷 2020年10月14日デイリー版2面

大宇、LNG船成約 2件6隻。1隻 約2億9000万ドルで

 韓国造船大手の大宇造船海洋は12日、LNG(液化天然ガス)船計6隻を受注したと韓国取引所に告示した。契約は3隻ずつの2件で、発注者はいずれも欧州船主としている。同一船主かどうかは不明。受注総額は17億4400万ドルで、1隻当たり2億9000万ドル程度となる。3隻は2023年7月末まで、残る3隻は23年12月末までにそれぞれ引き渡す。英クラークソン統計によると、LNG船の足元の船価は17万4… 続きはログインしてください。

残り:389文字/全文:584文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む