マリンネット×日本海事新聞ウェビナー 深堀り対談 「苦境に立つ日本造船業界の今を読む」
 印刷 2020年10月14日デイリー版4面

米EIAまとめ、原油・石油関連製品7月輸出、日本向け13%増

 米エネルギー情報局(EIA)によると、7月の原油・石油関連製品の総輸出量のうち日本向けは2055万バレルと前年同月比13%増加した。原油は純増の144万バレル。LNG(液化天然ガス)は1%減の1584万バレルだった。石油製品の代替品の性格が強い石油コークスは163万バレルと6%減少した。米中間については、7月の米国発中国向け原油・石油関連製品の総輸出量は2639万バレルと3倍に膨らん… 続きはログインしてください。

残り:165文字/全文:321文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む