マリンネット×日本海事新聞ウェビナー 深堀り対談 「苦境に立つ日本造船業界の今を読む」
 印刷 2020年10月13日デイリー版6面

JMETS、小樽短大を見に来て。17日にオープンキャンパス

 海技教育機構(JMETS)は17日、北海道小樽市に来春開校する国立小樽海上技術短期大学校の第3回オープンキャンパスを開催する。オープンキャンパスでは学校説明や航海シミュレーター、ECDIS(電子海図表示装置)体験、校内練習船「はりうす」の体験航海、カッターデモンストレーション見学などが行われる。午前9時30分に受け付けを開始、午後3時まで実施する。

 同校は、現在の小樽海上技術学校を2年制の航海科専門の短期大学校(高卒以上対象)に移行して発足する。校舎は今年3月末で閉校した小樽商業高校の跡地に移転する予定。今回のオープンキャンパスの会場は現在の小樽海上技術学校となる。

 オープンキャンパスは9月26日に第2回を開催し、6人が参加。レーダーARPA(自動衝突予防援助装置)シミュレーターでの航行体験、ロープワーク体験、「はりうす」で小樽運河を実際に操船体験するプログラムなどが行われた。参加者からは「入学したいと思った」「船員についてもっと知りたいと思った」などの感想が寄せられた。

 ▽10月17日のオープンキャンパスの申し込み=同校ホームページ(https://www.jmets.ac.jp/otaru-mpc/contact/index3.php)、メールアドレス(info-otaru@jmets.ac.jp)、電話番号(同校教務課0134・54・2122)

 新型コロナウイルスの感染状況によっては中止となる場合もある。