マリンネット×日本海事新聞ウェビナー 深堀り対談 「苦境に立つ日本造船業界の今を読む」
 印刷 2020年10月12日デイリー版3面

航空貨物】ルフトハンザ・カーゴ、関空発着の機材大型化。臨時便で週3便に

 独ルフトハンザ・カーゴは8日、関西空港―フランクフルト空港間の貨物便の使用機材を28日からB777F型機に大型化すると発表した。1便当たりの貨物搭載量は約103トンとなり、現状から約20トン増加する。加えて、来月12日―12月10日は臨時便により週3便を運航し、貨物便サービスを拡充する。関西発着の運航曜日も、水曜、土曜に変更する。臨時便は木曜に運航。また、ロシアでの技術着陸を廃止し、所要時… 続きはログインしてください。

残り:122文字/全文:245文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む