MariTech Webinar Japan 2020 <日英同時配信>
 印刷 2020年10月12日デイリー版3面

酒田港、中国向け精米を試験輸出。東北初、対応上屋で薫蒸処理

 山形県の酒田港で今月、同港内で薫蒸された中国向け精米の試験輸出が行われた。東北地方で唯一、中国向けの輸出米薫蒸が可能な上屋を活用した初の輸出で、今回の試験輸送を経て、商業ベースでの輸出拡大に向け取り組む。今回試験輸出されたのは、米穀取扱事業者・神明(本社・神戸市)が、兵庫県の指定精米工場で研削・袋詰めしたコシヒカリなど約7トン。先月中旬に酒田港西埠頭の薫蒸上屋に運ばれ、約1週間リン化アルミ… 続きはログインしてください。

残り:394文字/全文:589文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む