マリンネット×日本海事新聞ウェビナー 深堀り対談 「苦境に立つ日本造船業界の今を読む」
 印刷 2020年10月09日デイリー版3面

航空貨物】日本通運、21カ月ぶりに増加。9月輸出重量、8%増の1.7万トン

 日本通運の9月の日本発着混載重量は、輸出重量が前年同月比8%増の1万7470トンと21カ月ぶりにプラスに転じた。中国の大型連休「国慶節」前の駆け込み需要に加え、東南アジアが伸び、アジアが7カ月ぶりに増加するなど好調に推移した。方面別では、TC1(米州)が2割減、TC2(欧州)が微減、TC3(アジア)が2割のプラス。TC1、2は19カ月連続で減少した。ただ、共に自動車関連の荷動きが復調… 続きはログインしてください。

残り:263文字/全文:451文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む