マリンネット×日本海事新聞ウェビナー 深堀り対談 「苦境に立つ日本造船業界の今を読む」
 印刷 2020年10月07日デイリー版4面

19年12月―8月期】キユーソー流通システム、経常益55%減。物量減、投資先行

 ◇キユーソー流通システム 経常利益は前年同期比55%減の16億円。共同物流事業の物量減少や省人化機器への投資先行が響いた。売上高は0・2%減の1280億円、営業利益は49%減の17億円。純利益は81%減の3億6400万円だった。セグメント別では、共同物流は0・3%減収、営業利益90%減の1億7100万円。業務用食品などの出荷量が減少した。専用物流事業は1%増収、営業利益5%減の11億円。コ… 続きはログインしてください。

残り:188文字/全文:373文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む