マリンネット×日本海事新聞ウェビナー 深堀り対談 「苦境に立つ日本造船業界の今を読む」
 印刷 2020年10月06日デイリー版2面

古野電気、3―8月期業績予想を上方修正。利益率向上などで

 古野電気は2日、2020年3―8月期連結業績予想を上方修正し、営業利益が16億円(前年同期比30%減)になりそうだと発表した。8月発表の前回予想は8億円だった。主力の舶用事業で比較的利益率の高い製品などの売上高が拡大。このほか文部科学省の「GIGAスクール構想」に伴い、無線LAN・ハンディーターミナル事業の売り上げが特に8月末にかけて想定以上に増加したことなども反映した。営業利益以外の20… 続きはログインしてください。

残り:174文字/全文:347文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む