マリンネット×日本海事新聞ウェビナー 深堀り対談 「苦境に立つ日本造船業界の今を読む」
 印刷 2020年10月05日デイリー版3面

ジム、中国―豪州を開設。中旬から

 イスラエル船社のジム・インテグレーテッド・シッピング・サービシスは10月中旬から、中国と豪州を結ぶ定期コンテナ航路で新サービス「CAX」を開始する。ジムが豪州航路にサービスを配船するのは、2014年1月に撤退して以来となる。ジムは10年代半ばは業績低迷で苦戦していたが、足元での復調傾向が鮮明なことから、ネットワーク拡充を進める。CAXには2500TEU型6隻を投入。ローテーションは、寧波▽… 続きはログインしてください。

残り:164文字/全文:329文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む