マリンネット×日本海事新聞ウェビナー 深堀り対談 「苦境に立つ日本造船業界の今を読む」
 印刷 2020年10月05日デイリー版1面

コンテナ船社、ULCV発注へ動く。MSCやハパックが検討

 コンテナ船社大手が2万TEU超の超大型コンテナ船(ULCV)の発注に動き出したようだ。海外報道によると、スイスMSC、独ハパックロイドの欧州2社が、韓国・中国造船所と、2万3000TEU型建造について協議している模様。具体化すれば、ハパックロイドとして発注する初の2万TEU超型となる。コンテナ船社はコロナ禍による物量減で苦しんでいるが、4-6月期後半からの需要の回復や減船効果により、足元の… 続きはログインしてください。

残り:671文字/全文:866文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む