船員支援キャンペーン
 印刷 2020年10月01日デイリー版2面

四半期決算を読む】(1)商船三井、エネ輸送好調でコロナ下も黒字

 商船三井の2020年4―6月期の経常利益は73億円を計上した。前年同期の経常利益140億円からは下振れたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響が最も色濃く出るとされた当期に黒字を確保した。自動車船やドライバルクの事業が低迷した一方、エネルギー輸送部門が好調で業績を押し上げた。三谷亮司経理部長は「もともと4月時点で当期は70億円の赤字を予想していたが、一転して黒字化した。油槽船全般の好市… 続きはログインしてください。

残り:1393文字/全文:1587文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む