船員支援キャンペーン
 印刷 2020年10月01日デイリー版1面

経産省、CO2回収 海上輸送。来年度から。専用船設計も

 経済産業省は石炭火力発電所などから排出されるCO2(二酸化炭素)を回収する事業を来年度から本格化させる。海上輸送するための専用船の詳細設計や基地を整備する。環境が整えば、2024年度にはCO2を地中に埋めたり資源としての再利用など、脱炭素化に向けた取り組みを加速させたい考えだ。環境省も経産省との連携を視野に入れ、同様の事業を進めている。同事業では、発電所や工場から出るCO2を回収し、再利用… 続きはログインしてください。

残り:594文字/全文:789文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む