船員支援キャンペーン
 印刷 2020年10月01日デイリー版1面

コンテナ不足 深刻化。来年2月まで続く見通し

 北米航路を中心とした旺盛なコンテナ荷動きを背景に、コンテナ機器の不足が深刻になっている。コンテナ船各社ではドライ用新造コンテナの調達を進めているものの、生産が追い付かず必要本数を確保できていない。いま発注しても、引き渡しは来年2月以降となる。また通常であれば売却用に回される古いコンテナにまで、需要が殺到しているようだ。コンテナリース会社では来年の旧正月に荷動きがいったん落ち着くまで、この状況が続… 続きはログインしてください。

残り:568文字/全文:768文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む