船員支援キャンペーン
 印刷 2020年09月30日デイリー版4面

大横浜港特集】横浜港運協会、新体制移行。藤木幸夫会長が退任、幸太氏に託す

 今年6月、横浜港運協会は新しい体制に移行した。23年間会長職を務めた藤木幸夫会長が退任し、後任の会長に同氏の長男で藤木企業社長を務める藤木幸太氏が就任。日本のリーディングポートとして横浜港に求められる安定性・信頼性・生産性・経済性・先進性を維持強化していくための舵取りが次世代に託された形となった。「私は今年90歳になる。2009年の国家戦略港湾(国際コンテナ戦略港湾)政策の始動、その後の国… 続きはログインしてください。

残り:937文字/全文:1132文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む