船員支援キャンペーン
 印刷 2020年09月29日デイリー版1面

コンテナ船運航規模、HMM、大型船竣工で8位に。トップ10、年初から順位変動

 コンテナ船社の運航規模の順位に変動があった。上位7社は変わらないが、年初に10位だった韓国HMMが、2万4000TEU型シリーズの竣工で船隊を大幅拡大。8位に上昇した。一方、経営難が伝えられるPILは運航規模を縮小しており、順位を1つ下げ11位。トップ10圏内から脱落した。欧海事調査会社アルファライナーの調査を基にした、コンテナ船上位船社の運航規模は表の通り。現代商船は2018年に2… 続きはログインしてください。

残り:619文字/全文:813文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む