船員支援キャンペーン
 印刷 2020年09月28日デイリー版2面

内航燃油、7―9月期復調。原油価格回復で

 栗林商船は25日、2020年7―9月期の内航燃料油価格交渉の結果を公表した。同社が船舶用燃料油販売特約店の藤井石油との間で最も早く妥結した燃油価格(1キロリットル当たり)は、A重油が4万8500円(前四半期比1900円高)、C重油が4万8100円(同4700円高)となった。A、C重油とも今年1月からのSOX(硫黄酸化物)規制強化に対応した燃油価格。低迷していた原油価格が持ち直し、内航・フェリー向… 続きはログインしてください。

残り:197文字/全文:387文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む