船員支援キャンペーン
 印刷 2020年09月24日デイリー版2面

DNV―GL、50年の舶用燃料を予測。アンモニア主流、水素は限定的

 欧州船級協会DNV―GLは22日、2050年時点の海事産業を予想したリポート「マリタイム・フォーキャスト2050」の第4版を発表した。最新版では、二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」燃料としてアンモニアとメタノールが市場で大きなシェアを占める可能性が高く、水素の利用は一部の船種に限られるとの見通しを示している。DNV―GLはリポートで、将来の船隊構成や使用燃料… 続きはログインしてください。

残り:584文字/全文:779文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む