船員支援キャンペーン
 印刷 2020年09月24日デイリー版2面

北海道電力、米産LNG初受け入れ。郵船・JERA保有の「信州丸」

 北海道電力は21日、石狩湾新港発電所向けの燃料として、北海道で初めて米国産シェールガス由来のLNG(液化天然ガス)を受け入れたと発表した。日本郵船と国内発電最大手のJERAが共同保有するLNG船「信州丸」が輸送を担った。今回の輸送は、北海道電力とJERAグローバルマーケッツとの間で締結されたLNGのスポット売買契約に基づき、米テキサス州フリーポート市から輸送された。「信州丸」は201… 続きはログインしてください。

残り:243文字/全文:435文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む