マリンネット×日本海事新聞ウェビナー 深堀り対談 「苦境に立つ日本造船業界の今を読む」
 印刷 2020年09月23日デイリー版2面

MariTech 海事未来図】川崎重工、ゼロエミ水素燃料船、レシプロエンジン検討。船技協ウェビナーで紹介

 川崎重工業関係者は17日、日本船舶技術研究協会が開いたウェビナーでゼロエミッション(排出ゼロ)の水素燃料適用船のコンセプトを提示し、適用機関としてレシプロエンジン(往復動機関)を選択したと紹介した。非常時の運転継続性の観点から2元燃料(油、水素燃料)式を採用。ガスタービンやボイラーなどの選択肢があるが、LNG(液化天然ガス)燃料の燃焼機関としてレシプロエンジンが普及しつつあるとし、LNGから水素… 続きはログインしてください。

残り:743文字/全文:935文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む