船員支援キャンペーン
 印刷 2020年09月23日デイリー版1面

国内初のLNG燃料供給船、命名「かぐや」。川汽・明珍社長、郵船・長澤社長

 川崎汽船、JERA、豊田通商、日本郵船の4社は18日、共同で出資する合弁会社セントラルLNGシッピングが発注し、川崎重工業坂出工場(香川県)で建造中の国内初のLNG(液化天然ガス)バンカリング(燃料供給)船の命名式が16日に執り行われたと発表した。同船は川崎汽船の明珍幸一代表取締役社長、日本郵船の長澤仁志代表取締役社長により「かぐや」と命名された。船名の「かぐや」は日本最古の物語ともいわれ… 続きはログインしてください。

残り:418文字/全文:609文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む