船員支援キャンペーン
 印刷 2020年09月17日デイリー版1面

EU、GHG排出量取引制度 海運も22年から対象

 EU(欧州連合)の欧州議会は15日、GHG(温室効果ガス)の排出量取引制度(ETS)を海運にも広げることを決めた。導入時期は2022年からとなる。欧州の港に発着する総トン数5000トン以上の船舶が対象となる見込みで、邦船社も影響を受けそうだ。EUは50年に域内のGHG排出を実質ゼロにする目標を掲げており、企業などの排出減を促したい考えだ。ETSは05年に導入され、市場のメカニズムを活用して… 続きはログインしてください。

残り:542文字/全文:733文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む