船員支援キャンペーン
 印刷 2020年09月16日デイリー版1面

PIL、自社船の売船進める。運航規模、半年で15%縮小

 経営難が伝えられるシンガポール船社PILが自社船の売船を進めている。英ブローカー大手クラークソンズのリポートによると、9月に入り既に4隻の売船が確認された。同社の運航規模は2月末から積載能力で約15%縮小している。今月売船されたのは「Kota Jasa」(1728TEU、2001年建造)、「Kota Ganteng」(2475TEU、02年)、「Kota Kasturi」(3081TEU、… 続きはログインしてください。

残り:401文字/全文:593文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む