船員支援キャンペーン
 印刷 2020年09月11日デイリー版1面

日本郵船・長澤社長、「日本造船業は必要」。JOIN活用で発注も

 日本郵船の長澤仁志社長=写真=はこのほど、日本海事新聞の取材の中で、現在、中国や韓国と激しい受注競争にさらされている日本造船業に対し「邦船社としても日本造船業は必要な産業」との認識を示した。一番の問題となっている経済合理性(日本での建造コストが高い)といった問題についても、「国が出資する海外事業向けインフラファンド、海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)の活用などで解決できるのであれば、日本… 続きはログインしてください。

残り:622文字/全文:818文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む