船員支援キャンペーン
 印刷 2020年09月10日デイリー版3面

欧米国際物流大手、上期業績、市場の明暗、鮮明に反映。航空FW伸長、第2四半期好転

 欧米国際物流大手9社の2020年上期(1―6月)業績は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による取り扱い減が影響し、減益が目立った。ただし、第2四半期(4―6月期)は経済活動の再開に加え、航空輸送の運賃高騰によりフォワーディングの業績が伸長。EC(電子商取引)の急増もあり、第1四半期(1―3月期)の落ち込みから好転する傾向が見られた。パンデミックにより、世界のフォワーディング… 続きはログインしてください。

残り:1070文字/全文:1257文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む