船員支援キャンペーン
 印刷 2020年09月10日デイリー版2面

栗林商船、新造船「神泉丸」就航。モーダルシフト対応、CO2 2割減

 栗林商船(栗林宏吉社長)は8日、北海道―仙台―東京―清水―名古屋―大阪航路に8月31日から1万4000総トン型新造RORO船「神泉丸」を就航させたと明らかにした。従来船と比べ、高性能ツーサイクルエンジン導入などの省エネ策でCO2(二酸化炭素)排出量を2割削減できる。同社は2019年末から21年初頭にかけて定期航路に同型シリーズ船3隻を代替投入する計画で、環境負荷低減やトラックドライバー労務環境改… 続きはログインしてください。

残り:577文字/全文:773文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む