船員支援キャンペーン
 印刷 2020年09月08日デイリー版3面

シーバロジ、第2四半期、EBITDA5%増。チャーター輸送が寄与

 CMA―CGM傘下のシーバロジスティクスの2020年第2四半期(4―6月期)業績は、EBITDA(金利・税引き・償却前利益、調整後、以下同)が5%増の1億5300万ドル(約163億円)だった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)がEBITDAを700万ドル下押ししたが、航空貨物輸送でチャーター便を運航し、旅客便の減便による影響を補ったことが奏功した。売上高は5%減の17億300… 続きはログインしてください。

残り:417文字/全文:606文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む