船員支援キャンペーン
 印刷 2020年09月08日デイリー版1面

東京港埠頭、青海Gクレーン3基売却。再編整備に伴い

 東京港埠頭会社はこのほど、青海コンテナ埠頭の再編整備などに伴い、更新対象となるガントリークレーン3基の売却予定を公表した。対象は青海A3ターミナルのオンデッキ18列対応型2基と、A4ターミナルの17列対応型1基。今月18日まで問い合わせを受け付け、成約した場合には来年3月までに引き渡す予定。売却するクレーンは、A3ターミナルの2基(AC33・34号機)が2004年製で、A4ターミナルの1基… 続きはログインしてください。

残り:431文字/全文:626文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む