船員支援キャンペーン
 印刷 2020年09月04日デイリー版1面

モーリシャス座礁】損害賠償訴訟、船体後部の撤去後か

 モーリシャス沖でのケープサイズバルカー「WAKASHIO(わかしお)」座礁・燃料油流出事故を巡り、モーリシャス政府による船主の長鋪(ながしき)汽船(本社・岡山県)に対する損害賠償請求訴訟は、座礁現場に残っている船体後部の撤去後となりそうだ。撤去作業が完了しない限り、損害賠償請求の前提となる被害額が固まらないため。長鋪汽船は撤去スケジュールについて「まだ固まっていない」としているが、市場関係者から… 続きはログインしてください。

残り:494文字/全文:688文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む