船員支援キャンペーン
 印刷 2020年08月19日デイリー版3面

博多港、クルーズ船で“コロナルール”。治療法確立まで寄港不許可。条例「要領」で明確化

 博多港を管理する福岡市はこのほど、新型コロナウイルスの有効な治療法が確立されるまでの間、クルーズ船の寄港を許可しない独自の運用ルールを策定した。地方公共団体が港湾管理者を務める国内港湾で、感染症を理由に寄港を認めない措置を講じたことは珍しく、他港の対応にも影響を与える可能性がある。市は、博多港港湾施設管理条例の運用ルールに当たる要領を策定、6月に施行した。条例では、港湾施設を利用しようとす… 続きはログインしてください。

残り:427文字/全文:624文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む