マリンネット×日本海事新聞ウェビナー 深堀り対談 「苦境に立つ日本造船業界の今を読む」
 印刷 2020年08月17日デイリー版2面

国内船主の今】(229)事故発生時の「責任論」、海外オペ、用船には非情

 「今回の事故で日本船主の危機対応、リスク管理の在り方が本格的に問われることになる」 ■船主にも限界 13日午前。ケープサイズバルカー「WAKASHIO(わかしお)」のモーリシャス沖での事故を受け、中手船主が電話取材に応じた。船主が率直な感想を話す。「運航管理の責任は、船主にあることは十分認識している。しかし、われわれとしても海運大手が年に数回主催する安全運航会議などに必ず出席… 続きはログインしてください。

残り:1478文字/全文:1666文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む